出会いアプリのデートの誘い方の具体例とメールの内容

アイフォンやアンドロイドなどスマホの出会いアプリとデートについて述べてみたい。

今日は、いろいろなコミュニケーションアプリがサービス提供されている。よって、初対面の相手と出会うことも可能だ。そのデートの誘い方を、具体的な方法と例文でここに示す。

まずは、誘うときだ。相手と一度も会ったことがないならば、警戒心を持たれないように遠回しに誘う。たとえば、「甘いものは好き?」「テレビで話題になってた、代官山のあのカフェに行ったことがある?」というように。

まずは、相手の反応を探るのだ。相手が甘いものが好きで、そのカフェに行ったことがないならばさらに一歩踏み込んだ提案をする。

すぐに「一緒に行こう」と言わないほうがいい。相手に「誘われている」ことを感じさせるためだ。甘いものが嫌いと言われたら、話題を変える。

そして、後日にほかの件で様子をうかがう。「渋谷でおもしろいイベントがあるみたいだよ」というように、相手が何に興味があるのか様子をうかがう。

会う気があれば、相手も会話の距離を詰めていく。

よって、その気配をつかみとることが大切である。何回も誘うと、嫌がられる可能性があるので、ある程度であきらめることだ。

そして、しばらく間を開けてからまた挑戦してみる。この間に、相手からお誘いが来るかもしれないのでそれも期待する。2回目以降のお誘いは、ストレートに伝える方がいい。

「会いたい」気持ちをストレートに伝えることによって、相手にも安心感を与えるからだ。

出会えるイベント全一覧へ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。