ツイッターアプリも出会いの手段として使えるのか?フェイスブックアプリと比較

ツイッターは、短い文字制限が特徴であり、衝動的な高度に出やすい人との出会いが期待できる。その場の感情の連鎖が出会いを生むという機能はチャットに近いのであるが、双方向のSNSではないため、個人的な関係に持っていくにはある程度の時間はかかる。

基本的にフリーメールなどでアカウントが複数取れることもあって、出会いサイトへの誘導目的もあるので注意が必要。とりあえずフォロワーになっておいて、相手のつぶやきに対し、当意即妙のプライベートメールを送ることによって、徐々に関係が深まる。

あとで紹介したいのであるが、MIXIとツイッターに関しては、自動で自分の目的と合った人を集める自動のシステムがあり、これを利用すれば飛躍的にフォロワーなり、ミク友が増えていく。ある程度ツールの使い方を知って入れば出会いの場としても使える

一方フェイスブック王国とも言われるほど世界に普及したフェイスブックの特徴は「身元保証制度」自分が連絡を取っている相手が、バーチャルな人間ではなく、実際に存在するリアル人々。

匿名性とは正反対の性質を持つSNSだけに真面目に出会いを求める人が多いのがフェイスブックの特徴。

自分の学歴、交友関係、家族構成も表示可能で、基本情報として恋愛対象を入力できたりと、詳細なプロフィールも手伝って信頼度は抜群。すべてをオープンにする外国人らしい発想の出会いが期待できる。

「いいね」ボタンが代表するように自分を積極的に、肯定的にアピールできる人は、ミクシーやモバゲー、グリーなどのSNSからフェイスブック上にアクセスしてもらえれば信頼度は抜群。一気に個人的に出会う関係に持ち込める。

ただしリスクとしては完全に自分の情報が相手にオープンになってしまうため、後々のトラブルにも陥るということになりかねない。オープンが最大のメリットでもありデメリットにもなりうるのだ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。