(続)ツイッターアプリで出会うまでの流れ、これがナンパ法だぞ?

【 ツイッターアプリでのナンパの流れ 】

ツイッターで出会う方法として簡単な道筋というかプロセスを書いて置く。もともと相手が出会いを求めているわけではなので、油断しているという意見が多い反面、実際に出会いまでは時間がかかるのがビジネス系SNSのメリットでもありメリットだと思う。とにかく無料で利用できるしアカウントは複数でもとりやすい。

ツイッターの出会いの方法①:見やすいプロフィールと写真を用意
まずは自分の分身となるプロフィールをしっかり作ることが大切。できれば自分の顔をのせるのがベストだが、イメージとして動物、アート系なども印象を高める。動物好きに悪い人はいない、アーティスティック=オシャレ系という印象が働くので。マリンスポーツなども受けが良い。

ツイッターで出会い方法②:「暇人と趣味の合う人、出会いを求めている人をフォローする。」
ツイッターは臨場感が命。現在暇をしている人のフォローからの会話はまるでチャットをしているような感覚に陥るはず。「暇だ」「することがない」「カフェなう」みたいなつぶやきはかなり出会いにはってんする可能性がある。後で紹介するつぶやきクエストをつかって、特定の発言をしている人をフォローしてみよう。

ツイッターで出会う方法③:「自分をブランディング化する」
偶然のつぶやきが連鎖を生むツイッターは、文字制限が少ないこともあり、自己ブランディングは必須のテクニック。趣味の良いフォローをしている人=信頼につながるので、音楽、スポーツなどモテそうな人と事前につながっておくこと。異性だけをフォローするのでなく、同性のフォローも大切。

ツイッターで出会う方法④:「旅行・食べ物・映画のツイートをしてみる」
デートにつながりやすいのが、旅行、食べ物、映画の話。盛り上がったらその場でデートに誘うことも可能なのがツイッターの特徴。お店情報などは食べログで調べておいて、行ってみたいなどとつぶやくとフォローにつながる。いい店を知っている人=会ってメリットのある人になるべ、三つの話題をまずはつぶやこう。

ツイッターで出会う方法⑤:「趣味や興味関心に合わせてにリツイート」
自分の趣味や興味関心のキーワードのあわせてリツイートをしてみると、大きな反応がある。基本的にツイッターと言うのは情報を不特定多数に一方的につぶやくだけなので、リツイートはかなり好感度が高まる。自分のプロフィールにあわせてどんどんリツイートしよう。

ツイッターの出会い⑥:「ダイレクトメールを送る」
何度か自分のつぶやきに対してリツイートや返事をしてくれた人には、思い切ってダイレクトメールを送って見よう!。返事をダイレクトメールで返してくれたら、相手はかなりあなたに興味を持っている証拠。 共通のしゅみでとにかくもりあがってみること。

ツイッターの出会い⑦:「アドレス交換をしてデートの約束をする」
ダイレクトメールで何度かやり取りしたら、次はメールアドレスを交換。いきなりすぎると相手を警戒させてしまうので、お店や、映画、の話などでもりあがること。少なくとも数回はダイレクトメールで会話をしてタイミングを見計らってアドレスを交換。ポイントとしては「わたしも○○してみたいとい」というセリフ。これが出た時がアドレス交換のチャンス。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。