無料アプリは同時に使え!フェイスブックアプリの出会い攻略法と基礎テク

おそらくミクシーに続いて出会いの可能性が高いSNSはフェイスブックアプリだと思う。

omiaiやマッチアラーム,ウィルなど様々なサービスが登場しているが、実際に欧米でフェイスブックの利用者は元彼氏や元彼女などへの出会いに利用されている。

登録する際に過去の女性遍歴なども打ち込む欄もあったりしてかなりプライベートな面が明かされるフェイスブックはある意味オープンな自己表現な場と信頼性という二大要素で出来上がっている。

そのためフェイスブックはどちらかというと真面目な婚活、結婚相手探しなどに向いていると思う。匿名性が初めからなく、実名のみでやり取りするのはミクシーやツイッター、グリーとは大きく違いリアル度は相当高い。

デメリットとしては相互監視状態になるので、自分や相手がどのような人と付き合っているのかがすべてオープンになってしまうため、ちょっとした息苦しさを感じる点だろうか。一度きりの出会い・・・。などと思っているとフェイスブックの場合は住所などもオープンになっているので思わぬしっぺ返しをくらうことになるので注意が必要。

中、既婚、複雑な関係、オープンな関係など、結構プライベートな情報まで相手に知らせることができる。

やはり出会いで怖いのは相手の得体が知れないこと。その点フェイスブックの場合は友達が仲介する分、自己アピールだけでは見えない相手の姿を客観視することができて、より信頼度が増す結果となる。

まだ利用者が少ないので、いきなり検索しても条件の合う人はそれほど多くいないと思うが、ここでおすすめしたSNSやミクシー、グリーなどからフェイスブックに誘い、そこで信頼度をあげてからさらに1対1の関係というのがベストだと思う。

SNS→SNSというのはそれほど抵抗感もないし、まだフェイスブック未登録の人を招待して友達第一号になっておくのも出会いの第一歩だといえよう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。