大学生と出会うためのテクニック!彼女が欲しいなら実践すべし

交流会・オフ会・パーティーはもちろん、メル友サイトや恋活サイトで大学生の登録者が活発に行動しやすいのはいつなのか?また、それ以外の時間帯にどんな人が集まっているのか?おおよそ把握することで、メールの返信率が高まったり、特定の年代層と合うことができる

① 学生がフリーになりやすい曜日を把握しよう。
大学生の場合、大きく時間のウエイトを占めるのが、学校の授業とアルバイト。そこに部活やサークル活動、趣味の習い事が食い込むことになる。大体の目安であるが、月曜日・火曜日・金曜日は学校の授業が多く、ゼミの発表やグループワークに使われることが多い。その点水曜日・木曜日はねらい目。暇になる時間帯と言われている。

ちなみに業界的な休みで言うと、月曜日はサービス・アパレル系の代休に使われるし、火曜日は美容師が休みなので月曜日の夜・火曜日に多く。水曜日は不動産・看護系という特徴があることも加える。もちろん土日は全ての人が基本休みなので急増するが、競争力も高いので、パーティー参加などがおすすめ。

② 大学生がフリーになりやすい時間帯を考えよ
次に授業やサークルのない時間を考えれば、自然とフリーの時間が分かると思うが、一番「大学生が暇」になる時間帯は2時から5時までの間である。この時間は授業の空き時間も増えるし、アルバイトを使用にも一般の消費者=社会人が仕事に入る時間帯なので、アルバイトもできない。

次に多いの次の日を気にしなくて良い学生の特権として深夜があげられるだろう。夜更かししているうちに暇になり、一人暮らしなどをしているとふとさみしくなって、出会いを求めて行動しがち。クラブ系のパーティーもこの時間に開催されているので、サイトとイベントの両方が使える。

と言うわけで大学生が恋活サイトに集まる時間帯は火曜日〜木曜日の昼過ぎ。平日の深夜。パーティーと交流会は土曜日ということになってくる。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。