学生と社会人はボランティアで出会って付き合うパターンもある

時間がある学生時代だからこそ、社会貢献できるボランティアスタッフとして働いてみて、そこで出会いを見つけるというのは素晴らしいと思う。欧米では学校の成績だけではなく、地域貢献・社会貢献度も就職の評価ポイント。勉強だけできる人間が世の中で成功するのではないという考え方がある。

日本人大学生も震災をきっかけにボランティアを規模する人が急増しており、地域活性化事業、エコ事業などのNPOスタッフとして下支えをしている。

出会いが第一目的ではないが、平日にボランティアスタッフを必要としている業界は沢山あるし、平日に時間がとれる人は学生が多いので、ある意味「心の通った出会いと交流」というのが期待できるのではないだろうか?

【 出会いのありそうなボランティア】

障害児キャンプなど生涯系のボランティア

→ 女性20代・学生が多い。海外に行ってそこで児童とあそぶ国際ボランティアも同様

キリスト教会系のボランティア

→ ミッション系なので、クリスマスシーズンなどはかなり人が集まる

福祉系・介護・看護系のボランティア

→ 研修で看護学校が来るので出会いが期待できそう

以上のようなところは大体公民館とか市役所などで募集をしている。用事があるついでに行ってみよう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。